生前葬とは? - 豊島区での葬儀

生前葬の目的の写真

生前葬の目的

生前葬は、存命のうちに行うもので、今までお世話になった人や身近な人に直接感謝の気持ちを伝えるものです。

当たり前のことですが、人は一度死んでしまうと誰にも気持ちを伝えることができません。もちろん、手紙などを書くことはできますが、それは最後まで認知症などで苦しむことなく逝くことができた場合に限ります。また、人はいつ死ぬかということを正確に知ることができません。そのため、様々な感情を持っていても、自分の気持ちを伝えることができないまま亡くなってしまうのは、ある意味ではごく普通のことなのです。

このような「伝えられないことの後悔」や「伝えられないことの後悔」は、決して取り返しのつかないものであり、一生続くものです。しかし、生前葬という形で一緒に想いを伝えたい人たちと集まれば、自分の口から自分の想いや過去への感謝の気持ち、未来への想いを伝えることができます。余命宣告を受けて、余命は長くありません。ある人にとっては、今のうちに感謝の気持ちを伝えるチャンスであり、ある人にとっては、アメリカでの生活を謳歌するチャンスでもあります。また、記念に生前葬をしたいという人もいます。

しかし、どちらの場合も、周囲の人に感謝の気持ちを伝えることが主な動機になることが多いようです。また、生前葬の場合は、自分が生きているうちにすべてを決めて葬儀を行うことになります。これにより、自分の作りたい葬儀、自分のやりたい葬儀を100%実現することができます。最近では、終活の一環として、どのようなお葬式にしたいかなどの希望をエンダイグノートに書き出しておくと、理想のお葬式をリストアップしやすくなります。

また、生前予約などのプランを利用すれば、さらに希望が叶いやすくなります。しかし、死亡時に実際に葬儀を行うのは遺族の立場にある人です。金銭的な問題やタイミングの問題で、希望通りの葬儀ができないこともあります。一方、生前葬であれば、そのような心配をする必要はありません。葬儀会社と綿密な打ち合わせをして、理想の葬儀をしっかりと行うことができます。

豊島区での家族葬で好評の葬儀社《グランドセレモニー》