生前葬とは? - 豊島区での葬儀

生前葬のメリット

生前葬のメリットの写真

生前葬にはメリットもありますが、デメリットもあります。

お世話になった人に直接感謝の気持ちを伝えられるのは、生前葬ならではのメリットです。家族と疎遠になっていたり、物理的な距離が離れていて親の交友関係を知らない家族は、「親が亡くなったけど、誰に連絡したらいいのかわからない」という状況に陥ることがよくあります。エンディングノートなどでまとめられていれば良いのですが、エンディングノートは3年前に作成されたものです。振り返りもせず、古い連絡先しかノートに記載されていない可能性もあります。また、現在は疎遠になってしまったが、この機会に過去にお世話になった方への感謝の気持ちを伝えたいという場合には、生前葬は非常に有効な選択肢になります。自分の好きな葬儀ができると聞くと、好きな花や音楽を選んだり、好きな写真を遺影にしたり...と思い込んでしまう人もいるかもしれませんが、生前葬の場合は、自分の好きな花や音楽を選んだり、好きな写真を遺影にしたり...。もちろんこれも意味はありますが、宗教者を招かずに葬儀をしたい。エンディングノートではそうしたいけど、お子さんが宗教者を呼ぶのは慎重になりそう......などという場合には、生前葬も良い選択肢になるでしょう。希望すれば他にはない葬儀を行うことができ、希望すれば費用を抑えた葬儀を「確実に」行うことができるのは、生前葬ならではのメリットと言えるでしょう。生前葬をしている人にとっては、昔から「葬儀をしたい」という思いや願いがあったのではないでしょうか。このような特徴があるため、葬儀の形は非常に多様化していることが多いです。プレゼントを贈ったり、ゲームをしたり、スライドショーをしたり...非常に自由度の高い葬儀になることがあります。もちろん、これは一例に過ぎません。一般的な葬儀と同じように、神父さんを呼んで厳粛に執り行う葬儀もあります。生前葬であればどのようなケースであっても、それを行う人の意見は最大限尊重されます。自分がどのような形で送りたいのかをよく考えておくことが何よりも大切です。

豊島区での家族葬で好評の葬儀社《グランドセレモニー》