生前葬とは? - 豊島区での葬儀

生前葬で気をつけたいこと

生前葬で気をつけたいことの写真

しかし、生前葬も必ずしも良いことばかりではありません。

そもそも、生前葬とは、実際に亡くなった後にやるべきことがないということではありません。日本では、特別な場合を除いて火葬が義務付けられています。当然、生前葬ではこの手続きは省略されていますので、亡くなった時には再び火葬の手続きをしなければなりません。また、生前に葬儀を行っていたとしても、故人の遺族が誰も葬儀に招かずに火葬だけで済ませることができない場合もあります。このような場合には、生前に葬儀を行っていたが、故人の死後に二度目の葬儀を行うことになる可能性があります。生前葬は、自分の希望する葬儀ができるという大きなメリットがあります。しかし、やはり一般的な葬儀とは違い、遺族の気持ちを無視してはいけません。それに関連して、生前葬にすることで遺族から反対される可能性があることも考慮しておく必要があります。昔と違って、生きているうちに葬儀のことを考えたり、生きているうちに遺産を分配したりすることや、終末期医療や遺言書での納骨場所を考えることはタブー視されることが少なくなりました。しかし、葬儀となると、縁起が悪いと感じる人が多く、抵抗感を持つ人もいます。生前の葬儀で感謝の気持ちを伝える相手としては、家族が第一候補に挙がることが多いです。しかし、生きている人の葬儀を家族が反対してしまうと、全てを寝かせてしまうことになってしまいます。また、生前葬は一般的な葬儀の形ではありません。江戸時代に発祥したと言われており、あまり知られていないというデータもありますが、実際に生前に葬儀を行うことは非常に稀です。しかし、大手の葬儀社でも生前葬を行った経験がないということはあり得ます。しかし、葬儀社には、初めての生前葬を希望通りに行うためのノウハウがあります。問題は呼ぶ側の人間にあります。芸能界でもない限り、生前葬は多くの人にとって遠い世界です。言葉は聞いたことがあっても、実際にどのようなものなのかわからないという人も少なくありません。そのため、声をかけられても、どうしたらいいのかわからないという人も少なくありません。そのため、同席する人にも、家族と同じように、細やかな気配りが求められます。

豊島区での家族葬で好評の葬儀社《グランドセレモニー》