生前葬とは? - 豊島区での葬儀

生前葬のまとめ

生前葬のまとめの写真

生前葬のメリットは、自由なことが多いこと、誰にでも直接お礼ができること、自分の思い通りの葬儀ができることなどが挙げられます。

生前葬のデメリットは、家族などの理解を得る必要があることです。また、実際に亡くなった後に火葬や集骨、埋葬が必要ということです。そのため、生前葬を希望する場合、家族の理解を得ることができたり、死後の家族の負担を軽減したい場合には直葬などの選択肢も出てきています。なぜあえて生前葬をするのか、一度よく考えてみる必要があります。また、生前葬をすると決めた場合は、葬儀社との綿密な打ち合わせが必要になります。生前葬はまだ一般的な葬儀の形ではありません。そのため、費用がどれくらいかかるのかははっきりとはわかりません。30万円程度で安価に行うことは可能ですが、宗教家を招いた場合には100万円を超えることもあります。また、招待された場合は、他の葬儀とは違う覚悟が必要です。参列者側の服装については、専門家の間でも意見が分かれています。葬儀の理由によって、定番のスーツから喪服、さらには私服まで様々な種類があります。弔問客が必要ない場合は、弔問品を用意する必要はありません。ただし、会費が必要な場合もあります。また、香典を辞退しない場合は、1~2万円程度のものを持っていくと良いと言われています。生前葬の場合は、一般的な葬儀とは異なり、不明な点があれば主催者に問い合わせをしても良いでしょう。もちろん、案内冊子などに事前の指示がある場合はそれに従うべきですが、特に服装についての指示がない場合は、主催者に問い合わせてみましょう。一般的な葬儀のように家族が悲しみと忙しさの中に置かれるのとは違い、生前葬は主催者の生前に行われ、マナーも一般的な葬儀に比べて画一的ではないので、主催者に問い合わせても構いません。

豊島区での家族葬で好評の葬儀社《グランドセレモニー》

葬儀社グランドセレモニー